H30地域福祉研修

H30地域福祉研修

実施期日 2018年8月6日,8月7日,9月11日,10月9日
対 象 地域福祉に関心のある下記の①~⑦のいずれかに該当する県内の社会福祉従事者で、実務経験が3年以上で、全日程参加できる方
①社会福祉協議会の地域担当部・ボランティアセンター職員、日常生活自立支援事業・生活資金貸付事業等の担当職員
②地域包括(在宅介護)支援センター・居宅介護支援事業所・障害(児)者の相談支援事業所・児童家庭支援センター・生活困窮者自立相談支援事業等の相談援助職
③生活支援コーディネーター
④行政機関(福祉事務所のケースワーカー等)の相談援助職
⑤社会福祉施設・事業所(デイサービスなどの通所施設含む)における生活相談員、生活支援員、児童指導員
⑥保育所、認定こども園の保育士
⑦その他、地域福祉に関心のある社会福祉従事者
定 員 50人
会 場 兵庫県社会福祉研修所 3階 中研修室 
受講料 20,000円
研修目的 地域福祉に関心のあるすべての社会福祉従事者が、地域との協働や地域へのアプローチに向けた基本的な知識とスキルを学ぶことを目的とする。
主な内容 1日目:単元1「地域福祉の全体像をつかもう」、単元2「地域って何?」、単元3「その人らしい暮らしと地域Ⅰ」他
2日目:単元4「その人らしい暮らしと地域Ⅱ」、単元5「当事者・地域・専門職が一緒に創る地域福祉とその醍醐味」他
3日目:単元6「住民主体の地域づくりを支えるー地域へのアプローチの基本ー」、単元7「地域向け活動・事業の基本」、単元8「地域づくり支援のプロセス」他
4日目:単元9「地域アプローチの実践~醍醐味・苦労を一緒に感じ考えよう~」、単元10「ネットワークと社会資源開発の方法」他
募集期間
※7月18日(水)締切
担当課・センター 研修第1部
※申込みは締め切りました。
  • 募集要項(PDF)