H30職業倫理と権利擁護研修(中堅職員向け)

H30職業倫理と権利擁護研修(中堅職員向け)

実施期日 2018年12月13日
対 象 県内(神戸市・姫路市除く)社会福祉施設・事業所に勤務する職員で経験年数が概ね3年以上の中堅職員(施設長・課長等の管理者を除く)
定 員 100人
会 場 兵庫県社会福祉研修所 地階 大研修室
受講料 4,000円
研修目的 これまで利用者(当事者)一人ひとりが意思決定する場面に何度も関わり、本人の権利を護るとはどういうことか、支援者として葛藤する経験をしてきたのではないでしょうか。
本研修では、各種別を問わず、福祉現場で働く従事者に共通して求められる役割・責任や価値観について、中堅職員となった今、改めて振り返るとともに、権利擁護支援の実践現場において生かせる視点や考え方を学ぶことを目的とします。
主な内容 講義「権利擁護って何だ?私たちの支援の根本を見つめなおす」
講義・演習「支援をめぐる葛藤にどう向き合うか」
募集期間 2018年10月15日~2018年11月14日
担当課・センター 研修第1部
※申込みは締め切りました。
  • 募集要項(PDF)