介護支援専門員(ケアマネジャー)になるためには

受験資格

保健・医療・福祉の分野で5年以上かつ業務に従事した日数900日以上の実務経験を有する者。

*第21回(平成30年度)試験より受験資格が変更されています。詳しくはこちらをご覧ください。

受験申し込み

『受験の手引』(以下、「手引」という)を取り寄せ、この「手引」に従がってお申し込みください。

試験の実施

実務的な研修を行うに際し、事前に介護保険制度や高齢者介護等に必要な専門的知識及び技能を有していることを確認するための試験を行います。

実務研修の実施

試験合格者を対象に、講義・演習形式で行います。
(第20回合格者:平成30年1月~8月(予定)までの間、前期8日(講義・演習)、課外実習での資料作成・提出、後期7日(講義・演習)、合計15日+実習)

本県における実務研修 実習概要

*国の実務研修実施要綱 一部抜粋(27.2厚労省より)

実務研修修了

研修修了証明書を交付いたします。 (交付:兵庫県社会福祉協議会)

*介護支援専門員証は、申請された方に有料で交付されます。 (交付:兵庫県高齢政策課)

*介護支援専門員証を交付された方は、介護支援専門員として介護保険施設、居宅介護支援事業者等において介護サービス計画作成等に携わることができます。

 

更新研修の受講・更新手続き

介護支援専門員証の有効期間は5年間です。期限満了までに更新に必要な研修を受講のうえ、ご自身で更新手続きを取っていただく必要があります。詳しくはこちら(研修のページへ)をご覧ください。